どんなのが似合うかわかんない・・・と悩んでるあなたに選び方のポイントをそっと教えちゃいます!!

シルエットデザインを選ぶ

一般的に、ドレスは「○○ライン」とも呼ばれるシルエットで、その種類が分けられます。
好みで選んで問題はないのですが、体型に合ったシルエットを選ぶことが、自分に似合う1着を探し出す大きな決め手になるのです。

プリンセス

上半身はフィットしていて腰から裾にかけてフレアーに広がっている、もっともベーシックなデザインといえるのがプリンセスライン。
ふわりとしたシルエットが、花嫁の可憐な雰囲気を醸し出す人気のスタイルです。デザインのバリエーションも豊富で、ライン的にもあまり体型に左右されません。 一般に着こなしやすいシルエットといわれています。
たっぷりと膨らんだシルエットのプリンセスラインは、かわいらしくて豪華!

Aライン

上半身は小さくして裾にいくにしたがってナチュラルなラインで広がっているアルファベットのAのようなシルエット。 かわいらしすぎずおとなっぽすぎないのがAラインの特徴。
縦のラインがシンプルで強調されるため、背を高く見せる効果もあり!

スレンダー

ほっそりとしたという意味の体のラインに沿った細身のデザイン。
体の線がはっきりと出る大人っぽい雰囲気です。 身体のラインにあった細身のシルエットは上半身から下半身にかけての切り替えがないため、縦のラインが強調される。 背の高い人にお勧め!

マーメイド

スレンダーなドレスのひざあたりから下へ向けて広がりを見せる、まるで人魚の尾ヒレのようなラインを描く形をマーメイドラインといいます。
プリンセスラインのような大きなドレスではないのに、存在感のあるエレガントなドレスです。マーメイドラインの大 人っぽい雰囲気は基本的には背が高く、 体のラインにメリハリのある人に似合いますが、やせ型の方でも、下着による補正や袖の長いデザインなどで工夫をすれば大丈夫!!

エンパイア

ハイウエストと直線的なスカートライン。胸の辺りで絞り、下はそのままストンと落ちる形です。 古代ギリシャの服をイメージし、クラシカルで落ち着いた大人の雰囲気。マタニティドレスとしても活用でき、活用度大!

ベル

ベルのようにふわっと広がったスカート。
華やかな印象が出せる。ウエスト部分を細く絞り、腰からすそにかけてふわっと丸い広がを見せるラインです。 スカートのボリュームや素材の選び方などバリエーションが豊富で、どんな体型の方にもよく似合い、華やかで可愛らしい印象を与えます。

ミニ丈

スカートが短いタイプ。
可愛らしく軽快なのが特徴!

首周り・胸元のデザインを選ぶ

Vネック

V字のネックラインは顔を鋭角的に見せる効果があるので、太めの首でもキレイに見せてくれます。 胸の小さい人は、V字の深さが浅いものを選ぶとよいでしょう。

ラゥンドネック

顔を優しく、かつ清楚に見せるライン。開きが狭いほど首を細く、広いほど小顔に見せてくれます。

スクエアネック

四角いラインは丸顔をキリッと見せてくれます。 首が短い、顔が大きいと言った悩みもこのラインで完璧カバー!

ビスチェ

露出部分が多いこのラインで胸や鎖骨を強調し、女性としての美しさをアピールしましょう。 痩せている人よりも、ぽっちゃり体型の人にお勧めします。

オフショルダー

両肩を出し、ネックラインは大きく開くことで、鎖骨を強調。 女性らしさを全面に出しましょう!首と肩の周りがすっきりとし、小顔に見せる効果あり。肩は出したいけど二の腕が気になる人にベスト!

ハイネック

襟が首にフィットした上品で大人っぽいライン。 細く長い首をもっと美しく見せてくれる。でも顔の大きさが悩みの人は、逆に顔を大きく見せてしまうので注意!

ハートネック

胸元がハート型になっている可愛らしいライン。 愛いっぱいの結婚式にふさわしいラインですね! でも胸が小さく、谷間のない体型の人は貧相に見えてしまうので注意。

ポートネック

船底の形のように、鎖骨に沿ってカーブを描くように衿が開いたデザイン。 ラウンドネックよりも横にネックラインが伸びるタイプが好バランス。 適度な肌露出があるので、顔回りのすっきり感も確保できちゃう!

ワンショルダー

片側の肩を出すことで女性らしさを、もう一方の肩は隠すことで清楚さを亜ピール。 個人の体型にあわせたバランスが難しいため、レンタルではあまり見かないタイプ!

ホルダーネック

前身頃から続いたストラップやバンドを首に回したもの。 胸や背中が露出する、セクシーなタイプのデザイン。 首までカバーされているのに大顔に見せない、優れものです。

袖のデザインを選ぶ

おしゃれに敏感な花嫁が増えてきたせいか、ファッションのトレンドを意識したドレスに人気集中。 なかでも注目すべきは袖のデザインで、洋服感覚で着こなせるスリーブレスタイプが主流となっている。

半袖・七分丈

二の腕を程良くカバーしたい人におすすめのデザイン。 腕にフィットせず、レースなどの透け感で軽さを出せる タイプだとなおすっきり。

ノースリーブ

一番主流なタイプ。すっきりとした印象になるので、下半身にボリュームがあるドレスでもバランスよくまとめられる。

アメリカンスリーブ

首の根元から脇の下まで斜めに大きくカットされたデザイン。
欧米人のようないかり肩が着ると、肩のラインがシャープに美しく見え、上半身のバランスが整ってキレイ。

フレンチスリーブ

身頃から切り替えなく肩先に続くデザインで、キュートな印象に。なで肩の人や二の腕をカバーしたい人におすすめ

ロングミディスリーブ

肘より先まで袖口が来るのがこのタイプ。7部袖や5部袖が人気。 気になる二の腕をオーガンジーなどでふわりと隠せば万全!

ハーフスリーブ

肘より上に袖口がくるタイプ。ロングより動きやすく、かつ気になる二の腕も隠してくれる優れもの。

パフスリーブ

肩のラインがふんわりと膨らんで、白雪姫のような可憐さを演出してくれます。 なで肩、いかり肩、二の腕の悩みなどをいっぺんにカバー!

バコダスリーブ

袖口が広がっているクラシカルなデザインでロマンチックな印象を与えます。 二の腕のカバーはもちろん、手首をほっそりと美しく見せてくれます。

キャミソール

首から袖ぐりの下まで斜めに大きくカットされているノースリーブ型。 ハイネックとの組み合わせが基本です。とても大人っぽく落ち着いた印象ながらも存在感はばっちりのスタイルです。 二の腕が気になる方は、長めのグローブでカバーしてみて。
Original articles: Copyright© Hokkaido Secon Group Co.,Ltd. and related companies. All trademarks are the property of their respective owners.®
Mail the webmaster with your questions or comment